Being Chronicle 1978→2004

■この年表はB'z「B'z The Best“Treasure”」に初回特典として添付されたB'z Chronicle 1998-1998 10th Anniversary Special Issueをベースとして、より詳細なデーターを加筆し、誤謬部分を削除訂正して、再編集しました。
■かなり多くの資料を照らし合わせて作成しましたが、一部データーで不備な部分があります。又、作者の独自解釈と偏見及び邪推も含まれていますので、全てが正しいとは言えません。

2004

03/23■NEO-GENERATION LIVE VOL.1開催
03・02■ZARDデビュー15周年目にして初のライブツアー「What a beautiful moment Tour」この日から大名阪(追加公演含む)でのライブ開催

03/01■次世代アーティストを支えるプロジェクト「NEO-GENERATION」スタート

2003

12/31●TUBE韓国でライブ〜2004年より日本語楽曲が解禁される韓国で、TUBEのカウントダウンライブが開催された
12/31■第五十四回紅白歌合戦への初出場となる倉木麻衣、愛内里菜の演奏楽曲が出演、それぞれ「Stay by my side」「FULL JUMP」を演奏

12/01■J-DISCの商号をJ-DISC Beingに改称
10/15■ZAIN RECORDSの音楽事業をB-Gram RECORDSが継承、ZAINはレーベルとして存続
08/01■BERGレーベル消滅、DEENビーイング離脱へ

2002

06・27■B'zとエアロスミスの共演が実現、「2002 FIFA WORLD CUP OFICIAL CONCERT INTERNATIONAL DAY」にて
05・31■the FIELD OF VIEWが解散を表明、11月の東阪ライブで8年の活動に終止符を打つ
04・20■hills パン工場完成(大阪)
04・11■ROOMS RECORDSは、6/5リリースのB'z「熱き鼓動の果て」にから商号をVERMILLION RECORDSへと変更する事を発表
04・01■グループ内を改編、SeasからZAIN ARTISTへと名称を改称。同時に制作部を鳥居坂に集中、制作部は寺島良一氏が統括する
03・20■ビーインググループ代表中島正雄氏が脱任→コロムビアエンターテイメント代表へ就任
01・17■大野愛果日米同時デビュー。GIZA-USAより
01・01■前田亘輝「2002ソルトレーク五輪テレビ朝日」のメインキャスターを担当

2001

2000

04・25■RAY DE TONE Al「once more With Feelings」をリリース。
04・25■PRETTY BOY FROYD Al「PORN STARS」をリリース。
04・23■川越英樹(New Cinema 蜥蜴)脱退表明。
04・22■Undownレーベル発足
03・29■GARNET CROW Mx「Mysterious Eyes」でデビュー。
03・23■愛内里菜Mx「Close To Your Heart」でデビュー。
03・06■宇津本直紀(DEEN)脱退表明。
03・01■水原由貴 Mx「LOVE IS PAIN」でソロデビュー。1995年2月PAMELAHのボーカリストとしてデビュー。
02・26■WANDS活動終了、1991年12月4日のデビューより約8年間の活動に終止符。
02・25■FIORE Al「THE BEST OF FIORE」をリリース。LIBERATORS Al「ACCESS DENIED」でデビュー。
02・23■B'z ラジオ番組「オールナイトコム」オンエア。インターネットで全世界中継。

1999
関東と関西に拠点を二分化。最後のティーヴァ倉木麻衣デビュー

12・31■T-BOLAN解散。1988年にBOLANとして結成。1991年7月10日にデビューより約9年間の活動に終止符。
12・30■「UNDOWN Presents Vol.1〜僕の家はクアトロまで18分、僕の家より近い〜」が渋谷クラブクアトロで開催。WAGらが出演。
12・18■SHAMELESS Al「BACKSTREET ANTHEMES」でデビュー。
12・08■倉木麻衣 Mx「Love,Day After Tomorrow」で日本デビュー。このデビュー曲はロングセラーなった。
11・24■ERIC CARR Al「ROCKOLOGY」がリリース。
11・01■ZYYG解散。1993年5月19日のデビューより約6年間の活動に終止符。
10・31■LIVE「NO BREAKS 1999」が渋谷公会堂で開催。BALL、FEEL SO BAD、MASS MENTAL?、高崎晃、ERIC SINGERらが熱演。
10・30■テレビ朝日系「No.」終了、1993年4月5日より放映開始。「CDNEWS」終了
10・19■MAI・K Mx「Baby I Like」で全米デビュー。
10・15■COSMOSQUAD Al「COSMOSQUAD」でデビュー。
10・14■WAG Sg「Free Magic」でデビュー。同年7月10日にインディーズデビュー。
09・25■ROBIN MACULEY Al「BUSINESS AS USUSAL」でソロデビュー。
09・22■大葉るか Al「Edge of Innocence」でデビュー。プロデュースは大島康祐。
08・31■ZARD CRUSING LIVE at PACIFIC VENUS号。100万通以上の応募から約400が招待された限定ライブ。
08・22■SUPER STARLIGHT TOHR'S 99開催。
07・24■L.A.GUNS Al「SHRINKING VIOLET」がリリース。超大物のあのL.A.GUNSが新譜をリリース。
06・25■ESP Al「lost and spaced」でデビュー。
06・16■YOKO Black.Stone Mx「's All Right」でデビュー。
06・09■HOT POTTY Al「HOT POTTY」でデビュー。MASSMANTAL? Al「How To Wriet Love Songs」でデビュー。
05・22■BALL Al「THE GRUND HUMAN DISASTER SCENARIO」でデビュー。
05・15■STUPID ANGEL Al「STUPID ANGEL」でデビュー。SUPER ZERO Al「ATTACK OF THE AIR MONKEYS」でデビュー。
05・08■Amemura O-town Recordsがリリース活動停止。以後、GIZAへの一本化へ。
04・21■4D-JAM Mx「COCORO」でデビュー。
04・07■rumania montevideo Sg「Still for your love」でデビュー。
02・10■GIZA studio第1弾リリース。NEW CINEMA蜥蜴Sg「Smashing the good!Smashing the bad!」GRASS ARCADE Sg「BRAVE」sweet velvet Sg「I JUST FEEL SO LOVE AGAIN」。
●BLUE-Z、Styling、g-moonのインディーズレコード会社の制作機能が停止。
●第10回BAD AUDITIONが2年ぶりに開催。今回はMFTVとの連動企画
●Being Groupで大幅な組織改編を断行。
●BIG M.F.設立。
●FAT設立。

1998
GIZA Studio設立、新たな次代ヘ向けての動きがスタート

12・12■MFTVがDIREC TVでも放送開始。329Chで放映。
11・20■B'zベストAl「Preasure」「Treasure」が併せて1000万枚の売り上げを記録。
11・18■BMG JAPAN内にBERGレーベルを設立。DEENが移籍。
10・20■NEW CINEMA 蜥蜴 Sg「360゜」でインディーズデビュー。Garage Indies Zapping Association第1号アーティスト。
09・27■4D-JAM Mx「Finger」でインディーズデビュー。
09・09■宮本和則 Sg「All or Nothing」でデビュー。
09・02■椎名裕海 Sg「太陽」でメジャーデビュー。
09・01■MFTVの放送時間が拡大され、20時間放送へ。後に24時間放送となる。
09・01■GIZA studio設立。大阪アメムラ系の中核として機能。
08・24■Beat reC CONNVENTION でBAAD、PAMELAH、FIELD OF VIEWが参加。
05・25■ERIC GALE Al「UTOPIA」をリリース。今は亡き元STUFFのギターリストの遺作。
05・20■日本コロムビア内のレーベルB-CをBeat reCレーベルへと改称し、FIELD OF VIEWが移籍。
04・29■XL Al「XL」でデビュー。徳永暁人が在籍。
04・01■Blueway Studio設立(心斎橋)。ART CUBE ビル完成(関西の拠点として設立。)
02・08■インディーズレーベルg-moon設立。STEEL&GLASSが所属。
●織田哲郎、明石昌夫が独立。
●GIZA MUSIC設立。
●cule設立。関西系のA&Rとして機能。
●Zaimu設立。
●ATRUST設立。

1997
インディーズ、洋楽アーティストのソフトの供給等ボーダレス化

12・28■Sunday Blues Live Final(1995年1月15日開始された。同時にSTORMY解散、AMG活動停止も発表。)
11・25■Guitar Monster Vol.2をリリース。松本孝弘、春畑道哉、高崎晃らが参加。
11・11■YOKO Black Stone Ma「's All Right」でインディーズデビュー。
09・13■Guitar Monster Vol.1をリリース。増崎孝司、葉山たけし、田川伸治、小澤正澄らが参加。
09・13■J-BLUES BATTLE LIVE Vol.1 at ON AIR EAST(近藤房之助、永井ホトケ隆、Quncho^、坪倉唯子、生沢佑一らが参加。)
09・03■WANDS Sg「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」をリリース。第3期WANDS始動。
09・01■MUSIC FREAK TV(Perfect TV 199Ch)で放送開始。
08・22■JENNIFER GROSS Al「THE WOMAN IN THE MOON」でデビュー。
08・10■椎名裕海 Ma「HUSH」でインディーズデビュー。
08・08■THE BELLBOTTOMS Al「THE BELLBOTTOMS」でデビュー。
08・01■大黒摩季、東京有明でファーストライブ「Live Nature #1“Nice To Meet You”」。
07・25■KEMELL Al「LABERINTO DE PASION」でデビュー。洋楽第1弾、以後本格的に洋楽のリリースに乗り出す。
07・10■立原燎 Ma「STAND」でインディーズソロデビュー。
07・10■FEEL SO BAD LIVE IN NEW YORK
07・07■LOUDNESS Al「Ghetto Machine」をリリース。1991年にBeingに復帰。
07・01■Amemura O-town Records設立。Spoonful レーベルより発足した関西拠点最初のメジャーレコード会社。
06・18■辻尾有紗 Sg「青い空に出逢えた」でデビュー。
05・28■小松未歩 Sg「謎」でデビュー。シンガーソングライターとしても活躍。
05・21■七緒香 Sg「恋は舞い降りた」でデビュー。サウンドプロデュースは松本孝弘が担当。
04・15■Ma「J-BLUES BATTLE Vol.3」をリリース。坂井泉水、近藤房之助らが参加。
03・10■MUSIC FREAKをMUSIC FREAK MAGAZINEに改称。
03・05■Aisha Sg「Basic Mind」でデビュー。
02・19■秋吉契里 Sg「HAPPY BIRTHDAY FOR YOU」でデビュー。
01・29■稲葉浩志 Al「MAGUMA」でソロデビュー。
●第9回BAD AUDITION2年振りに開催。DJやダンサーも募集を開始している。
●GATE AUDITIONを開催。関西のインディーズレーベル、メジャーレコード会社、テレビ大阪、J-ROCK Magazine等が協賛したオーディション。
●MEGA A&R PROJECT開催。BLUE-Z主体のオーディション。
●インディーズフリーペーパー「Undown」7月に創刊。
●MOD HOUSE設立。関西系の映像、番組制作会社。
●BX3設立。大黒摩季のマネージメントオフィスとして。

1996
インディーズアーティストがデビュー、既存アーティストのライブが活発化

11・17■STORMY Ma「STORMY」でインディーズデビュー。
11・11■佳苗 Sg「この地球が果てるまで」でデビュー。サウンドプロデュースは春畑道哉が担当。
11・01■Being Music Factoryを開設、Beingグループのインターネットホームページ。
10・04■CHAP CHIMES Ma「GELPIN」をリリース。
09・29■FIELD OF VIEW 1stLive「Live Horizon Ver.1」スタート 。
08・08■SHADOW TRAP OF MILLOWE Ma「Kiss」をリリース。
07・31■TWINZER 1stLive「LIVE AXEL#1」スタート。
07・25■Green Finger Ma「Try It Again」でインディーズデビュー。
07・22■JAMES&GANG Sg「PEPSI MAN」でデビュー。
06・21■牧穂エミ Al「aromatiser」でデビュー。スタジオミュージシャン、作詞家としても活躍していた。
06・07■Al「J-BLUES BATTLE Vol.2」をリリース。大黒摩季、永井ホトケ隆が参加。
05・20■新堂敦士 Sg「I Kiss You」でデビュー。
05・20■LOWDOWN Sg「MAYBE LOVE BABY LOVE」でデビュー。
05・20■ZAIN RECORDS内にWESTHAUSレーベルを設立。大阪から音楽を発信する事を目的としている。
05・18■AMG Ma「AMG」でインディーズデビュー。アレンジャー明石昌夫のパーマネントバンド。
05・15■ROCK'N ROLL STANDARD CLUB BAND Ma「ROCK'N ROLL STANDARD CLUB」でデビュー。
04・26■GLAD all OVER Ma「Rebirth」でインディーズデビュー。北野正人が在籍していた4人組バンド。
04・22■宇都宮隆 Sg「少年」をプロデュース。
04・01■大黒摩季がアトランタオリンピックのテーマソングを担当。
03・26■ZYYG 1stLive「LIVE ROCKIN'HIGH Vol.1」。
01・20■Al「J-BLUES BATTLE」をリリース。稲葉浩志、近藤房之助、FEEL SO BADが参加。
●SENSUI設立。ZARDのマネージメントオフィスとして。
●SIGNALD YELLOW設立。近藤房之助、Qunchoらのマネージメントオフィス。
●NTV系「いま人」スタート。毎週月〜金にオンエアされるミニ音楽番組。
●関西テレビ系音楽番組「ROX」オンエア開始。
●千葉テレビ系「BOOMS」スタート。
●テレビ東京系「情報IN」スタート。

1995
関西への進出本格化、関西にインディーズシーンに現出。

12・01■DJ松岡 Ma「Hierphanie」でインディーズデビュー。
11・22■Barbier Sg「Christmas Time」でデビュー。栗林誠一郎のスペシャルユニット。
11・06■FM大阪「HEVEN'S RADIO」スタート。
10・01■春名俊希 Ma「Blues Feelin'」でインディーズデビュー。
09・01■BMG ROOMSをROOMS RECORDSと改称。第1弾はB'z Sg「LOVE PHANTOM」。
08・28■BA-JI Ma「とりあえず」でデビュー。サウンドプロデュースは織田哲郎が担当。
08・26■UJ Ma「LIVIN'LARGE!RIDIN'LARGE!」でインディーズデビュー。
06・17■The West Road Blues Band Al「Live In New York」をリリース。
05・15■FIELD OF VIEW Sg「君がいたから」でリデビュー。
05・15■Redway Studio完成。
04・21■MAGIC Sg「あの夏が聴こえてくる」をプロデュース。サウンドプロデュースは織田哲郎が担当。
04・21■HOLLY WOOD MOTORS Al「HOLLY WOOD MOTORS」でデビュー。サウンドプロデュースは織田哲郎が担当。
04・21■Trade Love Sg「Sea Side」でデビュー。制作チームEXIMによる最後のワークス。
02・25■永井ホトケ隆 Al「Night People」でソロデビュー。
02・21■PAMELAH Sg「Looking For The Truth」でデビュー。
02・10■FEEL SO BAD 1stlive「LIVE JUMPIN' BUTT Ver.1」。
02・05■BIRDMAN MASTERING ROOM完成。(麻布GARDENIAビル内)
01・20■J-DISC設立。ZAIN RECORDS、B-Gram RECORDSの販売会社としてスタート。第1回はZARD Al「forever you」。
01・15■SUNDAY BLUES LIVEスタート。
●ZYYG FC「TRABLE BEATS」結成。
●第8回BAD AUDITION開催。秦秀樹(BAADや和久次郎(WANDS)が入賞。事務局は麻布振興会163ビル。
●BLUE-Z RECORDS設立。
●Styling RECORDS設立。

1994
かねてより予定されていた関西への進出を開始、又前年にデビューを飾ったアーティストのアルバムが順次リリース

11・23■GRAND CAFE オープン(大阪・心斎橋)
11・10■MUSIC FREAK 創刊。
10・21■spAde Al「SPADE VOL.1」でデビュー。
09・25■J-ROCK Magazineの創刊号に表紙にWANDSが掲載。
09・14■MRM設立。(Being Groupのマーケティングリサーチ部門として。)
07・10■第7回BAD AUDITION開催。(MOD STUDIO BEINGにて)
04・01■163振興会ビル完成。(リハーサル、レッスン、スタジオ、音楽振興会)
04・01■Riding Sg「風を追いかけて〜J'S THEME 1994〜」でデビュー。
03・01■Cup's Sg「愛しているのにBye Bye Love」でデビュー。
02・09■View Sg「あの時間の中で僕らは」でデビュー。
●DEEN FC「NEED」結成。
●「J-ROCK ARTIST BEST50」がスタート。
●「ROOTS」がスタート。
●テレビ朝日系「音楽ニュースHO」スタート。
●EXIM設立。BMFと並ぶ制作チームとして発足。

1993
ビーイング系ブレイク、長戸大幸音楽シーンの第一線から退く。

12・31■TUBEがNHK紅白歌合戦に出演。
12・15■中原薫 Sg「街中の素敵みんな着飾って」でデビュー。
12・08■中村彩花 Sg「遥かな時を越えて」でデビュー
12・03■中谷美紀 Sg「あなたがわからない」でデビュー。
12・01■Beeaches Sg「今すぐ夏に連れ去って」でデビュー。VAP内に新設されたレーベルB-VAPよりデビュー。
12・01■麻布ガーデニアビルにデジタルビデオ編集室完成。
11・10■麻布ガーデニアに撮影スタジオ完成。
11・04■BARZHOUSE設立。(Being Group内のハウスエージェンシーとして)
11・01■Adingコンサートー事業部設立。
10・31■長戸大幸、耳病悪化の為に休養。
10・29■BEX設立。(Being Groupの総合マーチャンダイジング部門、コンサートチケット販売)
10・26■ZET設立。(BegFaceより改称。渡部良が代表の編成事業部門。)
10・01■千葉テレビ系「CD NEWS」スタート。4分間のミニ音楽番組として1999年10月までオンエア。
10・01■Tears Sg「眩しいほど綺麗になったね」でデビュー。
09・15■FEEL SO BAD Sg「Ready or not」でデビュー。川島だりあ、倉田冬樹が在籍。
09・03■GARDENIA STUDIO 1st、2nd、3rd完成。麻布ガーデニア内のレコーディングスタジオ。
08・25■柳原愛子 Sg「DON'T LET ME DOWN」でデビュー。
08・21■B.M.F(Being Music Factory)設立。Beingの制作部門が独立。同年12月より施行されBeingはグループ内の統括部門とした。
08・14■森下由美子 Sg「Tears」でデビュー。
08・04■宇徳敬子 Sg「あなたの夢の中 そっと忍び込みたい」でソロデビュー。元Mi-Keりメインボーカリスト。
07・05■BIRDMAN WEST Ast、Bst完成。(ヴィンセント・バンハーフ氏設計によるレコーディングスタジオ。)
06・23■SO-FI Sg「」メとメで伝心」でデビュー。大島康祐が在籍。
06・20■第6回BAD AUDITION開催。葛原豊、徳永暁人が入賞。MODSTUDIO BEINGにて。
06・09■ZYYG,REV,ZARD&WANDS Sg「果てしない夢を」をリリース。
06・06■GEARS Sg「くちびる」でデビュー。
05・19■EDGE Sg「どこかで君の声が聴こえてくる」でデビュー。元BLIZARDの水野松也を中心としたロックバンド。
05・19■ZYYG Sg「君が欲しくてたまらない」でデビュー。
04・14■REV Sg「甘いKisskiss」でデビュー。
04・05■テレビ朝日系音楽番組「No.」スタート。
03・10■DEEN Sg「このまま君だけを奪い去りたい」でデビュー。
02・26■B-Gram RECORDS設立。BeingとPOLYGRAMの共同出資によって。
02・24■BAAD Sg「どんな時でもHold Me Tight」でデビュー。
●U.S.K.設立、WONDER-LAND設立。
●M JEAN設立。
●音楽出版社としてPAS MUSIC、ZAIN MUSIC、GRAM MUSIC、ROOMS MUSIC設立。

1992
レコード会社、BMGROOMSとB-JIN設立。大黒摩季、MANISHがデビュー

12・23■DEEP'S Ma「DEEP'S IS DEAD」でデビュー。
12・20■Manish Sg「恋人と呼べないDistance」でデビュー。
12・02■水島由紀子 Sg「Always Remember」でデビュー。
11・21■矢嶋良介 Sg「サヨナラMisty Days」でソロデビュー。
11・02■B-JINをZAIN RECORDSに改称。正式には翌年1月に商号を変更している。
09・30■MOON Sg「時間が止まらない」でデビュー。
09・09■J.A.M Cream Sg「19番のタンゴ」でデビュー。
09・09■SONY MUSIC ENTERTEIMENT内にHUMAN BEEレーベルを設立。
08・31■BMG ROOMS設立。BMG VICTOR内にあった3レーベルが独立。
08・12■TWINZER Sg「LEAVE ME ALONE」でデビュー。
06・24■DIMENSION Ma「Le Mans」でデビュー。増崎孝司、小野塚晃、勝田一樹が在籍。
05・27■大黒摩季 Sg「STOP MOTION」でデビュー。
05・21■田中傑幸 Sg「Lonelt Dancin'」でデビュー。
05・21■The A-TLES Sg「死ぬまで離さない」でデビュー。TWINZERの前身バンド。
05・21■CRYSTAL WARS Ma「CRYSTAL WARS」でデビュー。Being史上初のレディースバンド。
05・21■W-NAO Sg「太陽のKomachi Angel」でデビュー。飯島直子と網浜直子によるデュオ。
04・22■Quncho^ Al「Equator」でソロデビュー。
03・29■第5回BAD AUDITION開催。六本木PITI NNで開催。高山征輝、太田紳一郎、宇津本直紀らが入賞。
02・11■吉水孝之 Sg「真夜中バイクを走らせて」でデビュー。
02・05■KAORCO Ma「LOVE-IN」でデビュー。
02・05■KING BISCUIT TIME Sg「シンガポールナイトクラブ」でデビュー。
●OUT PUT設立。マネージメントオフィスとして。
●TBO設立。T-BOLANのマネージメントオフィスとして。

1991
ZARD、T-BOLAN、Mi-Ke、WANDS、川島だりあが次々とデビュー

12・31■Mi-Ke NHK紅白歌合戦出場。
12・04■WANDS Sg「寂しさは秋の色」でデビュー。大島康祐が在籍。
11・21■AYAKO Sg「夜の数だけ愛しているから」をプロデュース。
11・21■KEY WEST CLUB Sg「お誂え向き飲むDestiny」でデビュー。中谷美紀と東惠子によるデュオ。
11・01■Be Planning設立。(Being Groupのデザイン部門として)
08・21■MOS STUDIO BEING Ast、Bst設立。
08・21■KIX-S Ma「KIX-S」でデビュー。
07・24■田中美奈子 Sg「ギリギリしてる」をプロデュース。
07・21■TUNE'S BLUES BAND Sg「君がいない」でデビュー。
07・10■T-BOLAN Sg「悲しみが痛いよ」でメジャーデビュー。
05・22■川島だりあ Sg「Shiny Days」でデビュー。
05・21■XERXES Al「XERXES」でデビュー。
04・16■B-JIN設立。PIONEER LDC内に設立されたレコード会社。
04・01■Being制作部、宣伝部を梶川誠志堂ビルから蓬莱屋ビルに移転。
04・01■C-Factory設立。(映像、番組制作部門として前身のCHIKEN HEADより改称。)
03・25■西城秀樹 Sg「ROCK YOUR FIRE」をプロデュース。
03・06■中畑幾久子 Sg「恋のナースステーション」でデビュー。
03・01■六本木BIRDMAN内にビデオ編集室完成。
02・14■Mi-Ke Sg「想い出の九十九里浜」でデビュー。
02・10■Zard Sg「Good bye My Loneliness」でデビュー。POLYDOR内のレーベルb-gramを設立。
01・30■SILK Ma「SILK」でデビュー。
●B-Vision設立。映像関係の著作権管理部門として。
●BE CONNECTION設立。原盤制作会社として。
●B-Factory、M-Factory設立。

1990
B.B.Queens「おどるポンポコリン」ミリオンヒット、音楽製作集団ビーイングが俄然注目されるようになる。

12・31■B.B.QueensNHK紅白歌合戦に出場。
12・16■第4回BAD AUDITIONを四谷・遊SUNスタジオにて開催。(倉田冬樹、柴崎浩らを輩出。)
12・05■Al「BEST GUY ORIGINAL SOUND TRACK」をリリース。
11・21■南野陽子 Sg「Kissしてロンリネス」をプロデュース。Beingのプロデュースの下で2枚のSgと1枚のアルバムをリリース。
11・16■B・U・Mを設立。Seas所属であったB'zのマネージメントオフィスとして設立。B'z Unreal Musicより命名。
11・10■安宅美春 Sg「孤独のRunaway」でデビュー。
09・21■望月衛介 Al「Waitin'for You」でデビュー。
08・21■増崎孝司 Al「SPEAKS」でデビュー。
06・13■BMGビクター内にZEZレーベルを設立。B'zのプライベートレーベルとして1996年まで存続。
04・21■関ゆみ子 Sg「ゆめいっぱい」でデビュー。
04・04■BMGビクター内にD.O.G.HOUSEレーベルを設立。
04・04■B.B.Queens Sg「おどるポンポコリン」でデビュー。ミリオンヒットを記録してBeingの名を世に知らしめる結果となる。
03・21■坪倉唯子 Ma「Loving You」がリリース。Being所属後としては初のオリジナルアルバムとしてリリース。
01・21■近藤房之助 Al「HEART OF STONE」でデビュー。
●CHICKEN HEAD設立。映像部門として。
●RAD MUSIC設立。栗林誠一郎、望月衛介らが所属。

1989
地味であるが後の黄金期を予感させる下地が整い始める。

11・21■BMGビクター内にRhizomeレーベル設立。第1弾は栗林誠一郎。
11・21■Al「DANCE TO CHRISTMAS CHROL PLAYER'S POLL POSITION Vol.3」をリリース。
11・21■栗林誠一郎 Al「LA JOLLA」でデビュー。
11・21■TOUGH BANANA Al「TOUHG BANANA」でデビュー。織田哲郎を中心とした4人組バンド。
09・30■T's STUDIO完成(二子玉川、織田哲郎の脱退に伴って1997年にBIRDMAN RIVER STUDIOと改称。)
07・21■ELIKA Sg「Happy Lucky Lonely」でデビュー。
06・21■Al「PLAYER'S POLL POSITION Vol.2〜SURFIN USA〜」をリリース。
06・07■EARTH SHAKER Sg「TREACHERY」Al「TREACHERY」をプロデュース。以後西田マーシーがサウンドプロデューサーとして在籍。
03・21■Al「PLAYER'S POLL POSITION Vol.1」をリリース。
02・21■桜井ゆみAl「RADICAL CHAP」でメジャーデビュー。
01・22■2年振りに第3回BAD AUDITIONを五反田スタジオ1009にて開催。アーティスト以外にもクリエイター、ミキサー部門も募集。最優秀者には奨学金として100万円が贈呈されている。大黒摩紀を輩出。
●COLOURD設立。桜井ゆみ、近藤房之助のマネージメントオフィス。
●SPACE PARK設立。マネージメントオフィスとして大黒摩季、ELIKAが所属。
●BIRDMAN:佐々木泰生初登場。

1988
B'zデビュー、才能のある人材が集まり始める。

12・21■Marcy Al「夜をぶっとばせ!」でソロデビュー。MarcyとはEARTH SHAKERのボーカリスト西田昌史の事である。
11・30■HIPS Sg「夜をぶっとばせ!」でデビュー。Marcyと寺田惠子によるユニット。
10・05■Al「この胸のときめきを オリジナルサウンドトラック」をリリース。
10・05■日詰昭一郎 Sg「ああ異常」でデビュー。Beingプロデュースの下でAl2枚、Sg2枚をリリース。
09・21■B'z Sg「だからその手を離して」でデビュー。以後日本を代表するトップミュージシャンとなる。
09・15■TearBOLANのライブに稲葉浩志がゲストとして参加。「GET BACK」「OH!DARLIN」「ROCK'N ROLL」等の洋楽カバー曲中心で参加。
09・05■Seas設立、Being Systemより改称。正確な発足は1988年以前であり、当時はSeas Music Factoryとして制作の機能を持っていた。後にマネージメントオフィスとして機能。
07・22■BOLAN Sg「I WAITED FOR A TIME」でインディーズデビュー。この後、ライブハウスを中心に活躍。サウンドプロデュースは日詰昭一郎が担当。
07・21■PLI:Z Sg「せつなさI・N・G」でデビュー。BLOWの前身バンドとなる。
06・08■設楽りさ子 Sg「Marginal」でデビュー。Beingプロデュースの下でAl2枚、Sg2枚をリリース。
05・21■松本孝弘 Al「Thousand Wave」でソロデビュー。この後、セッションで知り合った稲葉浩志とB'zを結成。
02・21■NONSECT Sg「Magic」でメジャーデビュー。堀江顕、広本葉子らが在籍した6人組バンド。
●作詞家教室としてワーズネットワークを開催。
●OFFICE FOOTWORKS設立。亜蘭知子、大森絹子、古川真一、W-NAOらが在籍したマネージメントオフィス。
●STAFF:寺島良一、明石昌夫初登場。
●BIRDMAN:大島正行、市川孝之初登場。

1987
ビーインググループ内に分社化の動き、後の分業制の基本形となる。織田哲郎ビーイング完全復帰。

12・02■渚のオールスターズ Al「渚のカセットVol.1」でデビュー。TUBE、織田哲郎、亜蘭知子、栗林誠一郎、坪倉唯子、近藤房之助、伊藤一義、増崎孝司らが在籍。
11・15■第2回BAD AUDITIONを目黒ライブステーションにて開催。(BOLANの森友嵐士、青木和義を輩出)
11・08■YEAH BLUES SESSIONを渋谷公会堂で開催。Al「LIVE!」として1988年にリリース。
08・21■小沢阿木子 Al「LABYRINTH」でデビュー。
03・21■YEAH RECORDS設立。ブルーズのインディーズレコード会社としてピクチャーディスクを発売。正確には1986年12月15日にリリースがある。
03・02■FIRST SCENE設立。Beingの制作部門として元CBSの小松久を迎えている。90年代に入ってから作詞、作曲、編曲等の作家マネージメントオフィスとして機能。
03・01■第1回BAD AUDITIONをSTUDIO BIRDMAN内のSOUND JOKERにて開催。最優秀賞受賞は桜井ゆみ。
02・26■統乃さゆみ Sg「オネアミスの翼」でデビュー。Beingプロデュースの下でSg2枚をリリース。
02・26■春畑道哉 Ma「DRIVIN'」でソロデビュー。TUBEのギターリストのソロワークス。
02・26■前田亘輝 Ma「LOOSE」でソロデビュー。TUBEのボーカリストのソロワークス。
02・25■BLUEW Ma「BLUEW」でデビュー。片山圭司、増崎孝司、大堀薫、増田隆宣らが在籍。
01・11■YEAH BLUES SESSIONが目黒ライブステーションにてスタート。
●Ading設立。当初はAddingと表記し、制作機能を持っていた。後にAdingと改称し、プロモーションとマネージメントの機能を持つようになる。
●STAFF:小松久、高野昭彦、寺尾広初登場。
●BIRDMAN:石井久、井上達郎初登場。

1986
TUBEがヒットを記録するも全体的にプロデュースワークス現象、ブルーズミュージックの復権へ向けた活動活発化

12・21■TARAKO Al「少しだけ愛が足りない」をプロデュース。1990年からもプロデュースしている。
12・20■大森絹子 Sg「今夜はハリケーン」でデビュー。
10・05■古川真一 Al「SKETCH OF MIND」でデビュー。
10・01■北原和歌子 Sg「ENDLESS SEASON」でデビュー。
09・05■斉藤さおり Sg「サバンナの熱風」でデビュー。
●日本のブルースを再度活性化する為のフォーラムを開催。
●STAFF:増渕東
●BIRDMAN:相原雅之初登場。

1985
ビーイングプロデュースの最高傑作TUBEがデビュー、この頃資金難に陥っていた最初の危機、稲葉浩志在籍。

11・30■RAN Al「BURNING」でソロデビュー。BLIZARDのギターリスト松川敏也のソロ作品。ボーカルのMr.CRAZY TIGERとは大学生であった稲葉浩志である。
09・30■STUDIO BIRDMAN Gray Room(3階)完成。これ以降、Brown Room(2階)とともにレコーディングスタジオとして機能。Grayはミキシング専門のスタジオである。
09・21■岡安由美子 Al「夢への接続詞」でデビュー。ニューミュージック系女性シンガー。
07・21■Al「HEVY METAL GUITAR BATTLE Vol.2」をリリース。土方隆行らが参加。
05・30■THE TUBE DEBUT CONNVENTION at 東京プリンスホテル。
05・10■ACTION Al「HEART RAISER」をプロデュース。野村昌之がサウンドプロデュースを担当。
05・21■高村亜留 Sg「HEART BREAK SUMMER BEACH」でデビュー。ソウル系女性シンガー。
05・01■THE TUBE Sg「BEST SELLER SUMMER」でデビュー。1986年にTUBEとバンド名を改める。
04・21■Al「HEAVY METAL GUITAR BATTLE Vol.1」をリリース。松本孝弘、松川敏也、北島健二、橘高文彦が参加。
01・19■早川めぐみ Sg「横須賀17エレジー」でデビュー。歌謡曲+ へビィメタルの融合。イニシャルがH・Mのシンガー第4弾。
●BEING PRODUCTION設立。早川めぐみのマネージメント、ファンクラブとして。
●WHITE MUSICを設立。Guan-barlとBeingの共同出資によるTUBEのマネージメントオフィス。
●STAFF:渡部良、大森茂、鮫島俊介、向井優一郎初登場。
●BIRDMAN:菅原伸行、伊藤宏樹初登場。

1984
へビィメタルムーブメント円熟期、本城未沙子、X-RAY、BLIZARDらが次々と作品を発表

12・21■橋本ミユキ Al「ONE NIGHT ANGEL」でデビュー。イニシャルがH・Mのシンガー第3弾。
10・21■MAKE-UP Sg「FOX ON THE RUN」をBIRDMANで録音。
10・10■JAPAN HEAVY METAL Vol.4 at 日比谷野外音楽堂にX-RAY出演。
08・21■片山圭司 Al「ODASSA FILE」でデビュー。1983年に樋口宗孝プロジェクトに参加。
07・21■Al「GRAND METAL LIVE」をリリース。BLIZARD、本城未沙子、X-RAYが参加。
07・10■BLIZARD Al「暗黒の聖書 BLIZZARD OF WIZARD」でデビュー。水野松也、松川敏也らが在籍したハードロックバンド、1991年に活動凍結。
●ヘビーメタル、ハードロックムーブメントが円熟期となり、本城未沙子、浜田麻里、BLIZARD、X-RAYらが活躍。
●STAFF:海老原俊之、石山香代子初登場。
●BIRDMAN:渡辺達郎初登場。
●同年10月、月光恵亮が独立、1985年にPUBLIC IMAGE設立。

1983
へビィメタルブームを現出、LOUDNESS、浜田麻里、本城未沙子、X-RAYらをプロデュース。各地でライブも数多く行われた。

11・21■沙里 Sg「Work In The Room」でデビュー。
11・21■村松健 Al「STILL LIFE DONAUTS」でデビュー。フュージョン系のピアニストとして1stAlのみBeingがプロデュース。
10・01■Jawsman STUDIO完成。リハーサルスタジオ、レコーディングスタジオとして使用。
10・01■BIRDMAN RECORDING SCHOOL開設。レコーディングミキサーの育成を目的としたもの。
09・01■早瀬ルミナ Al「VIOLENCE CAT ACT-1」でデビュー。女性ロッカーの若い版としてデビュー、B&Mレーベル最後のアーティスト。
08・25■太田貴子 Sg「デリケートに好きして」でデビュー。アニメ声優とシンガーの融合。
06・21■M.T.FUJI Al「HUMAN TARGET」でデビュー。LOUDNESS、山田信夫(MAKE-UP)、笹路正徳による外国人名義のバンド。
06・21■X-RAY Al「魔天〜HARD SECTION〜」でデビュー。大阪出身のハードロックバンド、湯浅晋が在籍。
05・21■樋口宗孝 Al「破戒凱旋録〜DISTRUCTION〜」でソロデビュー。LOUDNESSのドラマー樋口宗孝のソロ、片山圭司がボーカルで参加。
05・21■織田哲郎 Sg「2001年」でデビュー。名目上デビュー作品となっている。
04・21■浜田麻里 Al「LUNATIC DOLL〜暗殺警告〜」でデビュー。イニシャルがH・Mの女性シンガー第2弾。
02・21■Al「GUITAR WARS」をリリース。高崎晃、北島健二、土方隆行、渡辺香津美が参加。
●新宿LIVE INN ムラサキでライブハウスを展開。BOOWY出演。
●BEING ASSOCIATION設立。設立当時のBeingがあったマンションに作られたマネージメントオフィス。
●BEING LAND設立。太田貴子のマネージメントオフィスとして。
●Image Forum結成。長戸大幸、西村昌敏、入江純らが在籍した制作チーム。後にImage Forum Conceptと改称している。
●Being Blues Project結成。中島正雄、岩本正樹らによるプロデュースチーム。
●BIRDMAN:野村昌之、島田勝弘、市原克巳、坂本篤彦初登場。

1982
JAZZ女性シンガーがブーム到来するとともに数多くのロックアーティストも輩出。

12・21■沖田浩之 Sg「とりあえずボディートーク」をプロデュース。1983年リリースのAl「BODY TALK」もプロデュース。
11・21■戸田惠子 Al「TWENTY FIVE」をプロデュース。収録曲の内3曲をBeingが手がけたに過ぎない。
10・25■岡江久美子 Al「Yes,I Feel」でデビュー。ジャズ系女性シンガーとしてデビュー。
10・21■本城未沙子 Al「魔女伝説〜MESSIAN'S BLESSING〜」でデビュー。イニシャルがH・Mの女性シンガー第1弾。デビュー時のサウンドプロデュースはLOUDNESS。
09・21■麻生小百合 Al「CANDY JAZZ」でデビュー。3Aの1人であり、アイドル色が強かった。
06・21■村上ジミー聡 Al「Original DE-MOTION PICTURE」でソロデビュー。MARIAHのボーカリストのソロワークス。
06・05■水原明子 Sg「SAILING FLY」でデビュー。本格的なジャズ系シンガー。
04・01■高崎晃 Al「ジャガーの牙〜TASK OF JAGUAR〜」でソロデビュー。LOUDNESSのギターリストのソロワークス。
03・21■BOOWY Al「MORAL」でデビュー。氷室京介、布袋寅泰らが在籍した。当初は6人組ロックバンド。
03・21■TROUBLE Sg「Mr.リッケンパッカー」でデビュー。90年代に入ってから虎舞竜とバンド名を改称。
02・25■P.T.A. Sg「塾々ロックンロール」をプロデュース。企画モノバンド。
01・25■白鳥順子 Sg「浮気な人」でデビュー。フォークロック系アーティストで全編曲は長戸大幸が担当した。作詞家としても活躍。
01・21■秋本奈緒美 Al「ROLLING 80'S」でデビュー。3Aの1人でジャズ系シンガーとしてデビュー。後に女優としても活躍。
●女性ジャズ&フュージョンシンガーがブームとなる。亜蘭知子、秋本奈緒美、麻生小百合、水原明子、岡江久美子らをプロデュース。
●BEING EXPLOSION設立。エンジニア、ミュージシャンのマネージメントオフィスとして。
●Being System設立。ファンクラブやマネージメントオフィスとして。
●STAFF:入江純、居坂和典、竹田明広、広瀬秀樹初登場。
●BIRDMAN:西秀男初登場。2人目のエンジニアとして在籍。後に織田哲郎付けのエンジニアとして活躍。

1981
後に世界進出を果たすLOUDNESSがデビューを飾る。そしてBIRDMANの設立により音楽制作会社としての地盤が整いつつあった。

11・30■Treasury設立。Beingグループの財務、法務、、総務、経理部門として設立。
11・25■LOUDNESS Al「誕生前夜〜THE BIRTHDAY EVE〜」でデビュー。世界進出まで果たしたハードロックバンド。1983年まで在籍し、1991年にBeing傘下に復帰。
10・21■Ading設立。BBP的解釈では、設立は1987年である。
07・21■日本コロムビア内にB&Mレーベルを設立。1983年まで存在した。詳しくはLABEL LISTを参照。
07・01■STUDIO BIRDMANを六本木産業ビル内に設立。1985年のGray room設立までは区分けは無く、STUDIO BIRDMANと表記。
07・05■エマニエル Sg「CITY CONNECTION」でデビュー。CMで一躍人気となった外国人タレント、Beingが2枚のSgをプロデュースしている。
06・25■亜蘭知子 Sg「悲しきボードビリアン」でデビュー。3Aの1人であり、作詞家としても多くの作品を手がけた。
05・25■北島健二 Al「ZODIAC〜反逆のギター戦士〜」でデビュー。1987年にFENCE OF DEFENCEでデビュー。
04・21■EAST LORD Al「NEO BLUES」でデビュー。1982年にはコロムビアに移籍している。中島正雄、北島健二、入江純、辻野リューベン、和泉宏隆が在籍。
03・05■織田哲郎 Sg「色あせた街」でソロデビュー。実質的なソロ作品。
●DANNY LONG PROJECTデビュー。
●倉田まり子に一部楽曲提供するとともにAl「Twenty Girl Mariko」をプロデュース。
●PAPER LAND設立。マネージメントオフィスとして機能。
●STAFF:山路禮照、柴田英隆、孫田朋希、三宅克徳初登場。
●BIRDMAN:最初のエンジニアとして小野誠彦登場。後に世界的エンジニア、ミュージシャンとして知られる。

1980
織田哲郎、笹路正徳、清水靖晃ら一線級のクリエイターが在籍した1980年はサウンドプロデュースも盛んであり、このノウハウは90年代に継承される大きな糧となった。

10・05■水島裕 Al「YOU3」をプロデュース。3rdアルバムとSgを中島正雄がプロデュース。
09・21■三原順子 Sg「SEXY NIGHTY」でデビュー。三原順子は外部の事務所からプロデュースを依頼されて1982年までプロデュースされた。
09・21■織田哲郎&9th IMAGE Sg「SPARKING LOVE〜胸につのる想い〜」でデビュー。織田哲郎を中心として6人組バンド。
08・21■MARIAH Al「YEN TRICKS」でデビュー。初期Beingを支えたミュージシャン笹路正徳、清水靖晃、土方隆行、村上ジミー聡、山木秀夫、渡辺モリオが在籍。
06・25■土方隆行 Al「SMASH THE GLASS」でデビュー。MARIAH解散後もスタジオミュージシャンとして活躍した。
05・21■BE Al「FRUITS FACTORY」でデビュー。洋楽モドキのロックバンド、織田哲郎、河内淳一、坂本ミツワらが在籍した。
03・05■清水信之・清水靖晃・笹路正徳 Al「ELECTRO-POPS OF BEATLES'80」をプロデュース。
03・01■笹路正徳 Al「HOT TASTE JAM」でデビュー。クレジットにBeing関系者見当たらず。出版権のみ保有か?
01・21■清水信之 Al「CORNER TOP」でデビュー。最初の専属アレンジャーとして活躍。
●その他プロデュースは三ツ矢雄二、THE T、GIMMICK。
●MOONLIGHT PROJECT、MOONSHINE PROJECT結成。

1979
本格的に音楽制作会社・工房として活動を開始した1979年。織田哲郎が在籍したWHYや初の女性ソロシンガー村田有美らがデビューを飾る。又、初のレーベルBILL BOXが設立される事となった。

11・XX■PIC Sg「GARSON GANG」でデビュー。後にもう1枚Sg をリリース。後に砂東由香利として作詞家やスタジオミュージシャンとしても活躍。
11・21■清水靖晃 Al「Far East Exprees」でデビュー。クレジットにBeing関係者見当たらず。出版権のみ保有か?→1980年に笹路正徳らともにMARIAH結成
11・14■BIG INTERNATIONALを設立。レコーディングスタジオ設立の為の会社。現在はBIRDMAN内にある。
11・01■Being 音楽振興会設立。アーティストの育成を目的とする会社。→後に定例オーディションとして稲葉浩志、下村誠二郎等を輩出。
10・25■村田有美 Sg「Mr.ROMANCE」でデビュー。最初の女性ソロシンガー。
08・21■キングレコード内にBILL BOXレーベル設立。詳細はLABEL LISTを参照との事。
06・21■WHY Sg「Shine On」でデビュー。織田哲郎、北島健二、長戸秀介が在籍した。
04・01■江崎秀一 Sg「CRAZY LOVE」でデビュー。
02・21■MSマシーン Sg「OKAY」でデビュー。SPINACH POWERの兄弟分としてデビュー。ボーカルは織田哲郎。
●佐々木寛(ディレクター)が入社。

1978
作編曲家として舘ひろしの作品等を手がけていた長戸大幸は、自ら音楽制作会社を立ち上げて音楽制作を開始する。この時を境としてビーイングは日本の音楽シーンに偉大な一歩を踏み出すこととなった。

12・21■山本翔 Sg「DEVIL WOMAN」をプロデュース。Alでも楽曲提供や演奏を手がけた。
11・01■BEING(ビーイング)創立。作編曲家として活躍していた長戸大幸が六本木のマンション内の一室に音楽制作会社ビーイングを創立。Beingとは存在し続ける事という意味とA級(1番手)ではなく、B級(2番手)に位置していたいという願望から付けられた。月光恵亮参加。
09・05■SPINACH POWER Sg「POPEY THE SAILORMAN」でデビュー。1980年リリースの3rdAl「IN&OUT」では現在の氷室京介がボーカルを担当している。
●中島正雄(ディレクター、プロデューサ-)、月光恵亮(プロデューサー、アートディレクター)が入社。


HOME】【BBP HOME】【WORKS INDEX】【B's Chronicle 2001-2002