Being Produced Works Artist File Indies

INDIES ARTIST (インディーズ・アーティスト)

ここでは、ビーイングが制作にかかわったインディーズ系アーティストやデビュー迄は至らなかったアーティストについて紹介していきます。
□メジャーレコード会社より作品が供給された時点でメジャーのアーティストに追加されます。
□デビューとされていても、メジャー供給ではない場合はこちらの記載となります(ex-LINDALOU、RIP TRAP...etc)
□ビーイングが制作に関わっていない自主制作盤については、特別な場合を除いては記載していません。
ARTIST
NEO GENERATION系
 LIndependent Love Songs
 Lcashell
 L大垣知哉
DAY TRACK系


関西インディーズ系


その他インディーズ系
 LFIVE STAR
 LKID→RYO
90年代インディーズ系 90年代関西インディーズ系 SOLレーベル系 未デビュー系
Yeah records系 80年代インディーズ系 ビーイング黎明期系 ---

Independent Love Songs (インディペンデント・ラブソングス)
□orie(Vocal)〜9月26日大阪府出身、倉木麻衣の作品にもコーラスとして参加
□小林正範(Keyboards)〜4月16日千葉県出身、作曲家としても岸本早未、岩田さゆり、上原あずみに作品を提供
□所属事務所:--
□関連リンク:○I.L.S.Cafe(公式サイト)○○
□新着ニュース:
インディーズ1stMxをリリース、ライブ情報は公式サイトをチェック
BIOGRAPHY〜自作の楽曲を書き溜めていた小林正範とボーカリストorieによって2002年6月に結成。デモテープを制作しながら関東を中心にライブ活動を展開、様々なコンテストに入賞する。2005年には小林がメジャーアーティストに楽曲を提供し始め、2006年にはNEO-GENERARIONのライブにも参加しインディーズより作品をリリース。orieの暖かいボーカルと小林のキャッチーかつ整った楽曲が魅力。
DISCOGRAPHY(※自主制作盤は記載していません)
06/10/14(1stMx) Hey! You Sing! It's Chance
(Cw)南風に変わるから(Cw)もう一度、今日無理でも
NEO GENERATION
(PCZ-011)
記念すべきプレス盤マキシシングル

Five Stones (ファイブ・ストーンズ)ex-FIVE STAR(ファイブ・スター)
□生田達志(Vocal)〜1984年4月8日大阪府出身
□乗峯陽佑(Vocal)〜1984年5月5日大阪府出身
□枝尾淳司(Guitar)〜1984年2月2日大阪府出身
□泉祥人(Bass)〜1987年12月16日大阪府出身
□小森浩司(Drums)〜1985年2月28日大阪府出身
□所属事務所:--
□関連リンク:○FIVE STONES(公式サイト)○GALAXY HOUSE(ライブハウス)○
□新着ニュース:ライブ情報は公式サイトをチェック、12月にニューシングルとDVDをリリース予定
BIOGRAPHY〜2002年10月に大阪府豊中市で結成、地元を中心にライブ活動を展開。2004年12月のメンバーチェンジを経て、2005年8月豊中音楽祭に出演し、デビューへの足がかりを掴む。同年大阪のライブハウスhillsパン工場にも参加。その後もライブを積極的を行い、インディーズシーンで活躍。2006年9月にバンド名をFIVE STARからFIVE STONESに改名、これは「星から石、原点から始めようというメンバーの意思、今はただの石でもいつかは輝く星になれる」という事からの由来である。
DISCOGRAPHY(※自主制作盤は記載していません)
06/08/06(1stMx) 今〜Now or Never〜
(Cw)JUMP up against(Cw)EVER KIDS
TENT HOUSE
(TCR-045)
ライブ会場で限定発売されたマキシシングル、ほとばしるパワーを感じる楽曲

KID→RYO (キッド→リョウ)
□19年月日県出身
□所属事務所:--
□関連リンク:○KID→RYO(公式サイト)○KID→RYO(携帯サイト)○
□新着ニュース:ライブ情報は公式サイトをチェック
BIOGRAPHY〜関西を中心に活躍するラッパー、2001年より現在のスタイルを定着。キャッチーかつメロディアスなラップを武器にクラブやイベントに数多く参加。2006年初のソロアルバムをリリース
DISCOGRAPHY
06/07/07(1stAl) LOOK UP!〜素晴らしき日々〜 SHINOVI
(SCR-1002)
ジャパニーズラップの最高傑作とも言える、1stアルバム

cashell (カシェル)
□Kieron・Cashell(Vocal)〜1977年7月3日アイルランドラブリン出身、ボーカル以外にベースも担当している
□池辺直也(Guirat&Chours)〜1977年4月30日兵庫県出身、バークリー音楽学院出身、ヘアーサロンasiaのマネージャでもある。
□所属事務所:PLICK PLUCK
□関連リンク:○cashell(オフィシャルサイト)○池辺直也NEO GENERATION
□新着ニュース:ライブ情報は公式サイトをチェック
BIOGRAPHY〜ダブリン出身のキエロン・カシェルとボストンバークリー音楽院から帰国しギターリストとして活動していた池辺直也が東京の地で出会い、2004年にユニットをを結成。国籍を越えた両者が持つ様々な音楽のバックグラウンドがクロスオーバーしたサウンドが最大の魅力。
DISCOGRAPHY
06/03/19(1stMx) What I do
(Cw)Mary Jane
ZAZZY
(ZCL-003)
ライブ会場及び表参道のみで限定発売されたデビューシングル
06/06/03(21stAl) from There to Here
ZAZZY
(ZCL-004)
メロディアスなアコースティックサウンド満載の1stアルバム、全11曲収録
DISCOGRAPHY
05/02/26(Al) NEO GENERATION vol.2 NEO GENERATION
(PCN-002)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤、「feel it for me」収録

星田紫帆 (SHIHO HOSHIDA)
□星田紫帆(Vocal)〜4月2日県京都府出身
□所属事務所:--
□関連リンク:○星田紫帆(公式サイト)○○
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜幼少の頃より両親の影響で洋・邦問わず音楽に親しみニルヴァーナやマリリン・マンソン等の音楽に傾倒、大学入学と同時にバンド活動を開始、自分自身での作詞・作曲、ギターなどもこの頃よりはじめる。ギタリストBonnとのユニット「io」(イオ)として、京都を中心に数々のライブに出演。02年にHTP(ヒュースターナープロジェクト)のヨーロッパツアーに参加したkellySimonzとBonnのユニット「ボンケリー」のアルバムにコーラスとして参加。04年の11月には大阪・北堀江のhill'sパン工場THURSDAY LIVEの舞台にも立つようになる。不定期ながらlive活動を継続して行い制作を進める。
DISCOGRAPHY(※自主制作盤は記載していません)
05/11/16(1stAl)) 終わらない願い WEEDS
(WCR-004)
ハードロックを基調としながらも渇いたサウンドが素晴らしい1st
06/07/18(2ndAl) 拙い足跡 WEEDS
(WCR-006)
前作よりさらに成長の後が感じられる全8曲

OOM (ウーム)
望月美玖(Vocal)大阪府出身、幼少の頃からピアノを習い音楽を表現する事に興味を持つデモテープがレコード会社の手に渡り、大賀好修と知り合うきっかけとなる
大賀好修(Guitar)〜Rumble Fish、Steel and Glassとして活動。99年のZARD船上ライブに参加、その後アレンジャーとしてZARD、小松未歩を中心に担当。又ギターリストとしての評価も非常に高く、倉木麻衣やHOTROD BEACH PARTY等の大舞台のライブには必ず参加している。99年、桐谷悠也のデモテープを手にしnothin'but loveを結成してデビュー。04年のZARDライブではバンドマスターを担当。
□大楠雄蔵(Keyboards)(Vocal)音楽専門学校を卒業後、関西を中心活動、愛内里菜、ZARDのツアーサポートやパン工場ライブにも参加
□所属事務所:
□関連リンク:○OOM(公式サイト)○NEO GENERATIONGIZA studio
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜STEEL AND GRASS、NOTH'IN BUT LOVE等のバンドやスタジオミュージャン、アレンジャーとして精力的に活動するギターリスト大賀好修を中心に結成。望月美玖が歌うデモテープをきっかけに、大賀は望月美玖と出会い、彼女ボーカルスタイルに魅かれバンドを結成する。その以前からライブ等で交流のあったキーボディスト大楠雄蔵を迎え、インディーズを中心に開始。04年10月28大阪・北堀江にあるライブハウス“hills パン 工場”にて初ステージを披露し。実に1年の熟成を経てデビューを飾る期待のバンドである。
DISCOGRAPHY
05/11/09(1stAl) REVOLVER WEED
(WCR-005)
軽やかなロックチューンに乗って歌われる全6曲、DVD付
06/09/06(2ndAl) SECOND WEEDS
(WCR-007)
前作の流れを踏襲しつつリリースさそた2ndアルバム
OTHER ITEM
05/02/26(Al) NEO GENERATION vol.2 NEO GENERATION
(PCN-002)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤、Avril Lavigneのカバー「HE WASN'T 」収録
05/09/28(Dv) 愛内里菜/里菜祭2005 B-Vision
(ONBD-7058/7059)
ライブ前に愛内里菜のライブにゲスト参加、全3曲収録

大垣知哉 (TOMOYA OHGAKI)
□大垣知哉(Vocal&Guitar)〜1976年1月4日京都府出身
□所属事務所:ZAIN PRODUCTS→SPACECRAFT PRODUCE
□関連リンク:○大垣知哉(公式サイト)○SPACE CRAFTNEO GENERATION
□新着ニュース:ライブ情報は公式サイトをチェック
BIOGRAPHY〜1999年よりストリートを中心に活動を開始、その後活動の場を広げ関西圏を中心に自主制作盤を数多くリリースするようになる。2004年にNEO GENERATIONに参加し2005年にデビュー。シンガーソングライターとして紡ぎ出されるその柔らかいサウンドは昨今の喧騒に満ちたJ-POPに一石を投じる形で注目される。
DISCOGRAPHY
05/10/12(1stAl) 呼吸
RETURN OF INNOCENT
(PCR-001)
関西で先行リリースされた1stアルバム、全国発売は11/23
06/06/28(2ndAl) ふと見上げた空の向こう RETURN OF INNOCENT
(PCR-002)
極上のバラードで構成された2ndアルバム
OTHER ITEM(※自主制作盤は記載していません)
05/02/26(Al) NEO GENERATION vol.2 NEO GENERATION
(PCN-002)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤、「My Love」収録

Cunning Anty (カンニング・アンティー)
□森健一(Vocal&Bass)〜9月26日大阪府出身
□鶴屋祐一(Drums)〜10月9日大阪府出身
□所属事務所:--
□関連リンク:○Cunning Anty(公式サイト)○NEO GENERATION
□新着ニュース:ライブ情報は公式サイトをチェック
BIOGRAPHY〜2002年4月に大阪府枚方市で結成、パワーのあるストレートなロックサウンドを武器に活動の場を広げる。バンド名の由来は「ずる賢いアリ」、アリは集団で行動するが、集団と外れ自分らしくずる賢い生き方をしたいと命名された。ちなみにメンバーは、hillsパン工場のライブにもサポートメンバーとして活躍している。2005年でギターの西村眞和が脱退し、二人組みとなった。
DISCOGRAPHY
05/10/05(1stMiniAl) high to HIGH!! TENT HOUSE
(TCR-039)
ストレートかつキャッチーなサウンドでいっぱいの1st
06/10/18(1stAl) 未来色 TENT HOUSE
(TCR-046)
ツーバイユニットとなって初作品
OTHER ITEM(※自主制作盤は記載していません)
05/02/26(Al) NEO GENERATION vol.2 NEO GENERATION
(PCN-002)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤、「アシアトのない世界」収録

KEN-RYW (ケン・リュウ)
□KEN-RYW(Vocal)〜青森県県出身
□所属事務所:DAY TRACK
□関連リンク:○KEN-RYW(公式サイト/DAY TRACKに合併)○DAY TRACKNEO GENERATION
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜米軍基地がある青森県三沢市出身、ブラックミュージックやヒップホップサウンドが盛んな街で育ったKEN-RYWは、そのサウンドが東北地方で話題となる。数多くのイベントに参加し注目を浴びDJ ME-YAのプロデュースでデビューを飾る。又、ストリートファッション誌でもモデルとして活躍し多方面での活躍が期待される大型新人である。
DISCOGRAPHY
05/04/20(1stAl) Sympathy DAY TRACK
(PCD-002)
地元青森でインディーズチャート1位を記録したデビューアルバム、同年2/28に青森先行発売
05/12/14(2ndAl) SympathyU DAY TRACK
(PCD-003)
前作の世界観を踏襲しつつ、作られた2nd、配信リリースされた4曲も収録
OTHER ITEM
05/02/26(Al) NEO GENERATION vol.2 NEO GENERATION
(PCN-002)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤、「ANY LOVE」収録

Chicago Poodle (シカゴ・プードル)
花沢耕太(Vocal&Keyboards)〜1980年9月29日
□杉岡秀則(Guitar)〜1980年6月17日
□辻本健司(Bass)〜1981年3月23日
□山口教仁(Drums)〜1980年4月17日
□所属事務所:--
□関連リンク:○Chicago Poodle(公式サイト)○NEO GENERATION
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜2004年4月、同志社大学の学生仲間によって結成。京都のライブハウス「MOJO」を中心に京都、大阪で数々のライブを行いながらオリジナル作品を書き溜めていく。2003年、第一回「全国学生音楽コンテスト」でグランプリを受賞し、2004年には次世代アーティストを集めたプロジェクトNEO GENERATIONに参加。そのどこか懐かしいブルーステイストなサウンドが魅力的。
DISCOGRAPHY
04/07/07(1stAl) White Mini Album TENT HOUSE
(TCR-020)
自主制作時代の曲を含む1stアルバム
05/01/26(2ndAl) NEW OLD FASHIONED TENT HOUSE
(TCR-026)
前作の流れを汲2ndアルバム
05/07/13(1stMx) TENT HOUSE
(TCR-033)
初のマキシシングル
06/01/11(3rdAl) one TENT HOUSE
(TCR-111)
初のフルアルバム、彼らの集大成とも言える様々なタイプの楽曲が堪能できる1枚。
OTHER ITEM(※自主制作盤は記載していません)
04/04/10(Al) NEO GENERATION vol.1 NEO GENERATION
(PCN-001)
次世代を担うアーティストによるコンピ盤。「Love&free peace forever」収録

RIP TRAP (リップ・トラップ)
□TO-SHI(MC)
□MAKI(MC)
□SHARKEY(DJ)
所属事務所:DAY TRACK
□関連リンク:○DAY TRACKNEO GENERATION
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜1998年に埼玉県でMCのMAKIとTO-SHIによって結成。その後にDJのSHARKEYが参加し、現在のRIP TRAPとなる。地元である埼玉を中心に活動し、都内にも活動の場を広げる。地元埼玉の仲間であるRUFF RHYMERSのKENSHIN、MIC BANKらとのライブ、バックDJも務め、地方でのライブにも積極的に参加。2002年には次世代HIP-HOPアーティストを集めたコンピ盤「BRING THE NOISE2」(ソニー)に参加、小松未歩のリミックス作品に参加したのがきっかけで2003年にDJ ME-YA率いるレーベル「DAY TRACKS」に加わった。昨今は精力的なライブに加え、TUBEのツアー(2005年)にも参加する等活動の場を広げてきている。
DISCOGRAPHY
04/06/30(1stAl) SET FIRE DAY TRACK
(PCD-001)
変幻自在のHIPHOPサウンドで構成されたデビューアルバム
OTHER ITEM(※自主制作盤は記載していません)
03/05/28(Al) VA/DAY TRACK Lady Master Soul DAY TRACK
(TCD-001)
DJME-YAプロデュースの次世代R&B、HIP HOPアーティストによるコンピ盤
03/11/26(Al) VA/DAY TRACK HEAL UP DAY TRACK
(TCD-002)
DJME-YAプロデュースの次世代R&B、HIP HOPアーティストによるコンピ盤
04/04/10(Al) NEO GENERATION vol.1 NG(PCN-001) 次世代を担うアーティストによるコンピ盤、「Still love for Me?」収録

アーティスト名 (ARTIST)
□19年月日県出身
□所属事務所:
□関連リンク:○○○
□新着ニュース:新しい情報は入っていません
BIOGRAPHY〜
DISCOGRAPHY
05//11stMx) B
(Cw)
ZA
(ZA)
解説
06//(2ndMx) Se
(Cw)FI
ZA
(ZA)
解説

HOME】【WORKS INDEX
Directed by NANAKAKU
Excutive Produced by BBPC