ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行
ラ行
ビーイング名鑑【ア行】 Present by BBP

ここでは、ビーイングの作品に登場したアーティスト、クリエイター、スタッフを紹介していきます。
現在登録人数【55名】
青木和義【アオキ・カズヨシ】Dr(ex-T-BOLAN、TBO→Seas所属)HP
87年に森友嵐士らとT-BOLANの前身となるバンド「プリズナー」を結成。翌年にはBOLANとしてインディーズデビューを果たす。91年のメジャーデビューから一貫してバンドを支え続けた、98年のバンド解散後は上野博文とBLACK IN BLACKを結成している。
青紀ひかり【アオキ・ヒカリ】Vo(cule所属)HP
単身渡米、NY中心に活躍するジャズシンガーPhillip・Hamiltonからヴォイストレーニングを受け、独自のボーカルスタイルを生み出す。活動の場をヨーロッパ、NYと移し帰国。あるミュージシャンの紹介で、hillsパン工場の舞台に立つようになる。04年10月BLUE-Zレーベルよりメジャーデビュー。
明石昌夫(=YELLOW HEAD)【アカシ・マサオ】Ba、編曲家(ex-AKASHI MASAO GROUP、Being/Ading/INITIALIZE)HP
大学卒業後、セッションミュージシャンとして活動を開始。88年Beingに入社。初編曲作品はB'z「だからその手離して」。その後B'zの作品には欠かせない人物として活躍。彼を称する時には3人目のB'zのメンバーとも言われたほどである。又アレンジャーとしてだけで無くベーシストとしての腕も1級品であり、96年迄B'zのサポートメンバーとしても活躍。94年より大阪アメリカ村で毎週土曜日に開催されたSUNDAY BLUES LIVEにも出演し自らの名前を冠としてバンドAKASHI MASAO GROUP(通称AMG)を結成し精力的に活動。インディーズよりAlを4枚とVt1本をリリースした。97年末のSUNDAY BLUES LIVE終了をもってAMGでの活動も停止させた。98年をもって、Beingとの契約を更新せず、フリーの立場でサウンドプロデューサーとして活動を開始している。
Beingを語る上で明石昌夫は絶対に欠かせない人物である。B'zを長年支えてスターダムにした手腕も流石であるがマニュピレーターとしても、多くのアーティストの作品に参加している。デジタル色の強い作品を作ってみたかと思えば、ブルースやハードロックの作品を作っている点に、明石昌夫の懐の広さが感じられよう。
■WORKS:B'z、TUBE、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、TWINZER、MANISH、BAAD、FIELD OF VIEW他
■SOUND PRODUCE:MANISH「INDIVIDUAL」BAAD「GET BACK TOGETHER」
■オムニバス参加作品:「ROYAL STRAIGHT SOUL VOL.2」Voとして参加。
■SUPPORT:B'z、TWINZER、MANISH
AKIRA(=KANAZAWA AKIRA)【アキラ】Remixer、編曲家(ex-KCP、所属不明)
関西を中心にディスコ、クラブでDJとして活躍、制作チームKCPのメンバーであったが現在KCP解散。愛内里菜の作品を中心にトラックメイキングを担当。
麻井寛史【アサイ・ヒロシ】Ba、作編曲家(the tambourines、cule所属)HP
99年8月31日に行われたZARD「Clusing&Live」に参加、翌年に松永亜未らとthe tambourinesを結成し2001年デビュー。ベーシストとしても愛内里菜のライブサポートを行いつつ、作編曲家、リミックスエンジニアとしてもマルチな才能を発揮している。
■WORKS:菅崎茜、小松未歩、岸本早未、倉木麻衣
淺川悠魅【アサカワ・ユミ】Gt、作曲家(所属不明)HP
愛内里菜「赤く熱く鼓動」Cw曲「FANTASY RUSH」の作曲を提供している。詳しくはオフィシャルサイトをチェック。
■WORKS:愛内里菜
AZUKI 七(=菅谷絵里)【アズキ・ナナ】Key、作詞家(GARNET CROW、cule所属)HP
90年代よりアーティスト活動を開始、同時に書き溜めてきた詞が音楽プロデューサーに高く評価されて作詞家として作品を提供し始める。初提供作品はFIELD OF VIEW「CRASH」、以後DEENやWANDSにも作品を提供。99年古井弘人のプロジェクトに参加、GARNET CROWとしてデビューを飾る。
■WORKS:FIELD OF VIEW、DEEN、WANDS、WAG、菅崎茜、SOUL CRUSADERS、上原あずみ、岸本早未、岡本仁志
安達昇【アダチ・ノボル】Vo(ex-Amusemet Parks、Vocal 7th Beat、GIZA所属)HP
94年に結成されたボーカルグループ「Vocal 7th Beat」のオリジナルメンバー。02年よりDEENや倉木麻衣等のバックコーラスを担当。同年、ユニット解散後はGIZAに所属しZARD等の作品に参加している。Tenor担当。
アツミサオリ(渥見沙織=)【アツミ・サオリ】Vo、作曲家(ZAIN ARTISTS所属)HP
97年より路上での引き語りをスタート、98年デモテープがプロデューサー寺島良一に渡り本格的な音楽活動を開始、04年メジャーデビュー。
■WORKS:BON-BON BLANCO
亜蘭知子【アラン・トモコ】Vo、作詞曲家(FIRST SCENE所属)HP
好きだった洋楽の訳詩をしているうちに作詞を開始。19歳の時に知人の紹介を経て恩家具プロデューサー長戸大幸と出会い作詞家としてデビュー。ビーイングで最も古い作詞家であり、70〜80年代の多くの作品を提供、81年に音楽活動も開始、現在までに9枚ものアルバムをリリース。
■WORKS:三原順子、秋本奈緒美、本城未沙子、TUBE、古川真一、B'z、早川めぐみ、坪倉唯子、栗林誠一郎、B.B.Queens
有永浩二【アリナガ・コウジ】Gt(ex-MARBLE TONE、ZAIN ARTISTS所属)HP
中学生の頃からギターを手にする。高校卒業後、プロを目指し本格的に音楽活動を開始し、01年MARBLE TONEを結成しデビュー、解散後はBON-BON BLANCOやorgans cafeのライブサポートを担当。最近では愛内里菜のレコーディングにも参加する等、活動の場を広げている。1980年1年19日生まれ。
飯島拓也【イイジマ・タクヤ】Gt、作曲家(ZAIN PRODUCTS所属)
ギターリスト、作曲家。FIELD OF VIEWのアルバムにスタジオミュージャン、ギターテク二シャンとして参加。
■WORKS:小枝(sae)「Discover」LAURA LIZA、上原あずみ
生沢佑一(=生沢祐一/ガンターメイスン)【イクサワ・ユウイチ】Vo、作曲家(ex-TWINZER、BMP→Seas→K-PROMOTO所属)HP
16才でバンドを結成。アメリカへ単身渡り活動を開始、帰国後の83年にデビュー。プロデューサー長戸大幸と出会いそのボーカルスタイルが高く評価されて映画「この胸のときめきを」主題歌を担当、以後様々な企画盤やスタジオミュージシャンとして膨大なワークスを残す、92年にプロジェクトとしてTWINZER(その前身は91年のA-tles)を結成。99年の活動凍結まで活動。又同年洋楽レーベルBIG.M.F.よりハーレムスキャーレムのプロデュースでSTUPID ANGELとしてアルバムをリリース。2000年よりソロ活動を開始。ジェームスブラウンやマービンゲイをこよなく愛し、時代の流行にとらわれない自然なスタイルで活動している。
■WORKS:B'z、TUBE、ZARD、大黒摩季、宇徳敬子、T-BOLAN、WANDS、DEEN、FIELD OF VIEW
池田大介(=da-ja)【イケダ・ダイスケ】Key、ディレクター、編曲家(ZAIN PRODUCTS/ZET所属)
レコード会社Apollonのディレクターとして活躍。小川美由紀ディレクションを担当し、ビーイングと関わるようになる。(レコード会社退社後は作曲家として活動していた時期もある。)1990年にBeing入りした池田大介は作曲家として活動を開始。1991年にMi-Keの一連の作品を担当し頭角を現し始める。池田大介最大の強みは、ストリングスアレンジができるという事であろう、弦楽器にまで幅を広げている編曲家というものは以外と少ないのが現実である。池田無くしてB'zの名曲「LOVE PHANTOM」はあのような形にはならなかったであろう。
90年代半ばからディレクターとしての活動よりもアレンジャーとしての活動が主となり、B'z、ZARD、TUBE、WANDS、T-BOLANら主力ミュージシャンのアレンジにも活躍。特にサビの部分しか無かったZARD「心を開いて」を極上のミディアムテンポナンバーに仕立てた能力は流石と言えよう。余談であるが池田大輔という表記は、Mi-Keの作品で誤植として掲載されたのが気に入り、宇徳敬子作品では池田大輔と表記するようになったというプリティーなエピソードもある。B'z LIVE-GYM PLEASURE2000やFIELD OF VIEWにはバックストリングセクションのコンダクターを務めた。最近ではhillsパン工場のライブにも多数参加している。
■WORKS:ELIKA、B'z、TUBE、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、DEEN、秋吉契里、FIELD OF VIEW、小松未歩、上原あずみ、倉木麻衣、三枝夕夏 in db
石渡道明【イシワタ・ミチアキ】Dr(ex-BLUEW、Seas所属)
BLUEWの2代目ドラマーとして87年に加入、セッションドラマーでは「PLAYER'S POLE POSITION Vol,1」やブルーズ・ライブに参加している。
和泉宏隆【イズミ・ヒロタカ】Key、作編曲家(ex-EAST LORD、Being所属)HP
既にフュージョン界では第1級の評価を得ている和泉宏隆は、T-SQUAREのメンバーとしても不動の地位を得ている。彼のBeingでの在籍は、80-83年頃までであり、主にジャズ系歌手のアレンジを担当していた。又、中島正雄を中心としたプロジェクトEAST LORDにも在籍。当時はキーボード奏者としては笹路正徳が在籍していたが、その他に鍵盤楽器を主体としたアレンジャーは、和泉の名ぐらいしか見あたらない。1983年初頭をもって、Beingより脱退しT-SQUAREに参加している。87年には、ゲストミュージシャンとして春畑道哉のアルバムに参加している。
■WORKS:三原順子、麻生小百合、岡江久美子、水原明子、三ツ矢雄二他
伊藤一義【イトウ・カズヨシ】Vo、作曲家(ex-Riding、Being→Guan-barl→Pantaloonman Office所属)HP
高校卒業後、上京。83年LOUDNESSのツアーサポートメンバーを経てデビュー前のTUBEを預けられる。TUBEのツアーサポートメンバーとして現在まで活躍、94,年には角野秀行、沓野行秀らとTUBEの兄弟バンドRidingを結成しデビュー(99年に活動を停止)。現在はソロミュージシャンとして本格的に活動を開始、ファーストアルバム「Blue Sky Blue」を発表。1959年5月16日神奈川県出身
■WORKS:LOUDNESS、TUBE、前田亘輝、早川めぐみ
一瀬喜英【イチノセ・ヨシヒデ】Vo、作曲家(所属不明)
作曲家、コーラスとして参加している。organs cafe、MARBLE TONEに作品を提供。一瀬バンドを結成していた言われているが詳細は不明
稲葉浩志(=Mr.CRAZY TIGER)【イナバ・コウシ】Vo、作詞曲家(from B'z、Seas→BUM→imu)HP
高校時代より本格的にバンド活動を開始、大学進学後にビーイング音楽振興会に通い、そのボーカルスタイルが認められ松川“RAN”敏也のアルバムや早川めぐみの作品に参加。
87年にセッションで意気投合した松本孝弘とB'zを結成しデビューに至る。1964年9月23日岡山県出身
■WORKS:前田亘輝、坪倉唯子、doa
井上留美子(=井上ルミ)【イノウエ・ルミコ】Vo、作詞家(ex-CRYSTAL WARS、FIRSTSCENE所属)
91年に女性4人組ハードロックバンドCRYSTAL WARSを結成し、上京。デビュー2枚のアルバムを残しバンドは解散、作詞家やスタジオミュージシャンとして活躍。ビーイング離脱後は別の事務所でソロアーティストとして活動。愛称はREMMY。
■WORKS:MANISH、DEEN
猪島庄司【イノシマ・ショウジ】Vo、作曲家(所属不明)
94年にシングル「もう一度」でデビュー、以後95年にシングルを2枚発表している。当時の所属事務所はZARD、宇徳敬子等も所属したスターダストプロモーション。01年にthe FIELD OF VIEW「夏の記憶」の作曲を担当。
今井万紀【イマイ・マキ】Vo、作曲家(所属不明)
新進の作曲家、菅崎茜「fly high」に曲を提供している。コーラスとしても菅崎茜の作品に参加。
今井毬絵【イマイ・マリエ】Vo(GIZA所属)
幼少時代からピアノや新体操を高校時代からダンスヘ転向。各オーディションやコンテストへ出場し多くの舞台を踏む。得意な踊りを活かし02年開催SUPER STARLIGHTコンテストに出場。現在はhillsパン工場の舞台にも立っている。
入江純【イリエ・ジュン】Ba、作編曲家(ex-EAST LORD、BEING所属)
入江純と言えば、最近でもトップアレンジャーとして度々その名を見かける事ができる。彼は初期Beingにおいて笹路正徳と並んで活躍した功労者でもあり、ディレクターとしても多くの作品のディレクションを担当している。ベーシストとしても多くの作品で活躍し、重厚なサウンドから歌謡曲テイストの強い作品まで多肢わたるアレンジを行った。中島正雄率いるプロジェクトEAST LORDや長戸大幸の制作チームImage Forumにも在籍していた。83年頃にフリーになり、同時期にBeingのプロデュースから外れたTROUBLEのサウンドプロデュースを行った。90年にリリースされたELIKAのアルバムでも外部ミュージシャンとして活躍している。
■WORKS:秋本奈緒美、沖田浩之、本城未沙子、麻生小百合、白鳥順子、水原明子、TROUBLE、X-RAY
岩井勇一郎【イワイ・ユウイチロウ】Gt、作編曲家(ex-NEW CINEMA 蜥蜴〜db、GIZA所属)HP
98年夏NEW CINEMA蜥蜴を結成しインディーズデビュー、翌年GIZA Studio 第1弾アーティストとしてメジャーデビュー、02年の解散までにシングル11枚、2枚のアルバムをリリース。スタジオミュージシャンとしての評価が高くZARD、長谷実果等の作品を担当。又GARNET CROWやhillsパン工場のライブにも参加。03年、三枝夕夏 in dbに加入。
WORKS:ZARD、the tambourines、愛内里菜、長谷実果、山口裕加里
岩田見希【イワタ・ミユキ】Vo(ZAIN ARTISTS所属)
00年よりスタジオミュージシャンとして活動を開始、DIMENSION、松橋未樹、BON-BON BLANCO等の作品に参加。
岩切玲子【イワキリ・レイコ】Vo、作曲家(ex-SO-FI、Seas所属)
ボーカリストを目指し音楽活動を開始、その歌唱力が認められて90年代初めよりビーイングでスタジオミュージシャンとして数々の作品に参加。92年に元WANDSの大島康祐、佐々木美和とユニットSO-FIを結成しデビュー、95年にSO-FIを脱退しソロシンガーとして活動を再開している。
■WORKS:J.A.M Cream、WANDS、栗林誠一郎、ZARD、B'z、ZYYG、Riding
岩本正樹【イワモト・マサキ】Key、作編曲家(Being Blues Project所属)HP
Beingのスタッフとしての在籍は決して長くなかったが、在籍時には多くの作品のアレンジに携わっているのが岩本正樹である。主にキーボーディストとプログラマーとして活躍しロック色の強いものからポップスまで幅広いアレンジを担当している。長戸大幸と共にサウンドプロデュースを担当した秋本奈緒美Al「FOUR SEASON」では全曲のアレンジを担当している。又、始めて松本孝弘がスタジオミュージシャンとして参加した作品も同作である。
■WORKS:亜蘭知子、秋本奈緒美、本城未沙子、早瀬ルミナ、岩本正樹、沙里
上野博文【ウエノ・ヒロフミ】Ba(ex-T-BOLAN、TBE→Seas所属)HP
90年にT-BOLANに加入、その正確なプレイでT-BOLANの屋台骨を支えた。解散後はBLACK IN BLACKを結成。
上杉昇【ウエスギ・ショウ】Vo、作詞家(ex-WANDS、USK所属)HP
ビーイング音楽振興会に在籍中に実力を見出されて、柴崎浩、大島康祐らとWANDSを結成、91年にデビューを飾る。その後にWANDSはブレイクし人気バンドとなる。同時に作詞家として数多くのアーティストに詞を提供し才能を発揮している。96年に音楽性の違いからWANDSを脱退。1972年5月24日神奈川県出身
■WORKS:ZYYG、Mi-Ke
宇徳敬子(=SECIL MINAMA)【ウトク・ケイコ】Vo、作曲家(ex-Mi-Ke、UKP所属)HP
90年B.B.Queensのバックコーラス隊に参加。91年渡邊真美、村上遥とMi-Keを結成してデビュー(94年で活動休止)。93年ソロデビュー、シンガーソングライターとして数多くの作品を発表。同時にスタジオミュージシャンとしての活動も精力的に行い多数の作品へ参加。97年よりSECIL MINAMIの変名で関西を中心にコーラス活動を行う。
■WORKS:瀬戸朝香、WANDS、高岡亜衣
梅野貴典(=TAKA UMENO)ウメノ・タカノリ】Manipulator(BEING所属)
マニュピレーターという職業は、80年代前半には珍しい職業であった。その当時から、貴重なマニュピレーターとして活躍していたのが梅野貴典である。但し、当時のシンセサイザーでは限界であったようで現代のような生のリズムセクションと見分けが、つかないような事は無く、完全な機械音であった。梅野は、後に脱退したBOOWY等の作品にも参加しているが、その後、Barbier Sg「Christmas Time」では、久しぶりに編曲を担当している。
■WORKS:亜蘭知子、秋本奈緒美、BOOWY、村松健、沙里、麻生小百合
エムラミノル【エムラ・ミノル】Vo(ZAIN ARTISTS所属)HP
中学時代に手にしたギターがきっかけで音楽を始める、高校時代にはバンド活動を通じて作曲を開始、卒業後は上京、ストリートやライブバーで活動。デモテープが認められて04年デビューを飾る。その伸びやかなボーカルとどこか懐かしい曲調にも注目。
大賀好修 (=Big-O)【オオガ・ヨシノブ】Gt、作編曲家(ex-Rambule Fish〜Steel and Glass〜NOTHIN'BUT LOVE〜oom、cule所属)HP/HP
97年、SUNDAY BLUES LIVEに春名俊希のバンドメンバーとして参加、後にRumble Fish、Steel and Glassとして98年まで活動。99年のZARD船上ライブに参加、その後アレンジャーとしてZARD、小松未歩を中心に担当。又ギターリストとしての評価も非常に高く、倉木麻衣やHOTROD BEACH PARTY等の大舞台のライブには必ず参加している。99年、桐谷悠也のデモテープを手にしnothin'but loveを結成してデビュー。04年のZARDライブではバンドマスターを担当。現在は自身の新たなユニット「oom」を結成。
■WORKS:ZARD、小松未歩、菅崎茜、the tambourines、4D-JAM、大野愛果、EXPERIENCE、Fayray、高岡亜衣、稲葉浩志
大楠雄蔵【オオグス・ケイゾウ】Key(from oom、GIZA所属)HP
音楽専門学校を卒業後、関西を中心にキーボディストとして活動、03年1月から愛内里菜のツアーサポートで参加。他にパン工場ライブやFayray、ZARDのツアーサポートとしても参加。03年oomに参加。
大島こうすけ(=大島康祐/Knock-out70)【オオシマ・コウスケ】Key、Remixer、作編曲家(ex-WANDS&SO-Fi、ZAIN ARTIST所属)
91年のLOUDNESSアメリカンツアーにキーボーディストで参加するという輝かしい経歴を持つ、帰国後にユニットWANDSを結成しデビュー。しかし、92年にWANDSを脱退し、自らの理想を追求したユニットSO-Fiを結成し活動を再開(98年に活動停止)。その間、アレンジャーとしても実力を発揮し始める。97年には、B'zのサポートメンバーにも参加。99年に大島自身が発掘してきた大葉るかをデビューさせている。大島康祐の音楽ルーツはブラコンであり、幅広い音楽性を持つだけにこれからの活躍も注目である。00年に大島こうすけに改名。
■WORKS:WANDS、中原薫、中谷美紀、T-BOLAN、DIMENSION、FIELD OF VIEW、大葉るか、TUBE、B'z、BON-BON BLANCO、小枝、organs cafe、flow-war、RAMJA
大田紳一郎【オオタ・シンイチロウ】Vo、Gt、作編曲家(ex-BAAD〜RAD HAMMER〜doa、Kampfer→所属不明)HP
92年第5回BAD AUDITIONに合格、山田恭二らとBAADを結成。93年にデビュー、バンドではギター、コーラス、作曲を担当。コーラスワークにも定評がある。99年の解散までにアルバム3枚、シングル10枚を発表。01年よりBAADのメンバー新井康徳らとRAD HAMMERを結成し活動を開始。03年にはB'z、04年にはZARDのツアーサポートメンバーにも選ばれている。2003年、徳永暁人らとdoaを結成。
■WORKS:B'z、ZARD、TWINZER、FIELD OF VIEW、TMG、高岡亜衣
大田俊秋(=TOSHIAKI)【オオタ・トシアキ】作曲家(所属不明)
BON-BON BLANCO「ありがとうI Love you,yet・・・」organs cafe「今日の日」を提供。
太田久堅【オオタ・ヒサカタ】Gt(BMP所属)
デビュー時のTWINZERに在籍したギターリスト、1stアルバムまでのギターを担当。
大槻啓之【オオツキ・ヒロユキ】Gt、作曲家(Griot所属)HP
79年よりギターリストとしてのキャリアをスタート、88年より浜田麻里のプロジェクトM-PROJECTに参加、主に浜田麻里の作品やレコーディングに参加している。又、B'zに唯一、楽曲提供している作曲家でもある。
WORKS:浜田麻里、B'z、森下由美子
大葉るか【オオバ・ルカ】Vo、作詞作曲(Saes所属)HP
中学時代からギターを手にし作曲を開始、曲を書き溜めた高校時代を経て大学進学時に上京。ストリートやライブ会場での演奏を開始し、音楽関係者からのスカウトを受ける。99年にデビューを飾り、現在までにシングル3枚、アルバム2枚を発表。04年には新人片山さゆりに曲を提供。1979年10月16日福岡県出身。
大野愛果【オオノ・アイカ】Vo、Key、作曲家(GIZA所属)HP
幼い頃からピアノを手にしメロディーを奏で始める。学生時代にはバンド等で様々な音楽活動を経験し、卒業後はシンガーソングライターを目指して作曲活動を開始。デモテープが音楽プロデューサーの手に入り、プロとして本格的な作曲活動をスタート。97年よりGIZAにて作家活動を開始。以後次々とヒット曲を書き上げる。97年にデビューが決定していたが、作家活動に専念。02年念願のデビューを飾る。
■WORKS:WANDS、ZARD、DEEN、倉木麻衣、大黒摩季、愛内里菜、FIELD OF VIEW、WAG、高岡亜衣、JEWELRY
大橋雅人【オオハシ・マサト】Ba、作曲家(ex-FEEL SO BAD、ZAIN ARTISTS所属)
アマチュア時代、国内外問わず数多くのステージに立ち、様々なセッションに参加、94年にFEEL SO BADに加入しバンドリーダーとしてベース以外にも編曲、コーラス等幅広い才能を発揮、01年の解散後はスタジオミュージシャンとしてのワークスの傍らGARNET CROWや愛内里菜のツアーサポートも務める。
■WORKS:前田亘輝「Don’t You Got Big Balls!」「Why?」、高岡亜衣、BUZZLIP
大堀薫(=大堀薫留)【オオホリ・カオル】Ba、編曲家(ex-BLUEW、Seas所属)HP
82年からスタジオミュージシャン、サポートミュージシャンとして活動を開始。87年に片山圭司らとバンドBLUEWを結成しデビュー。解散後はフリーの立場からアレンジャーとして活躍した。近年ではBeing以外の作品でもその名を見つけることができる。現在は増田隆宣が代表を務めるMISTYに所属。
■WORKS:亜蘭知子、前田亘輝、大森絹子、B.B.Queens、望月衛介、Mi-Ke、関ゆみ子、柳原愛子、矢嶋良介、TWINZER
大藪拓【オオヤブ・タク】Ba、エンジニア(from db、REDWAY所属)HP
REDWAY STUDIOのエンジニアとして小松未歩等の作品を担当。03年、三枝夕夏 in dbに加入。
岡崎雪【オカザキ・ユキ】Vo(GIZA所属)
99年開催のSUPERSTAR LIGHT CONTESTで優勝しボーカルレッスンを開始。松橋未樹、GIZAアーティストの作品を中心にコーラスで参加。愛内里菜2003年里菜祭りにもコーラスで参加。
岡田史郎(=Gracias岡田)【オカダ・シロウ】Gt、プロデューサー(BMP、MOD HOUSE所属)
倉木麻衣のライブやサースディライブ、テレビ番組の企画、制作まで数々のメディア関係をトータルディレクション。ギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッション等のマルチなプレイヤーとして活躍。実を言うと、GS時代に活躍したバンド「オックス」のギターリスト。92年頃には生沢佑一や千葉恭司(AMG)等のマネージメントも担当。
岡本仁志(=岡本仁)【オカモト・ヒトシ】Vo、Gt、作編曲家(GARNET CROW、cule所属)HP
中学時代からギターを手にし、バンド活動を開始。大学時代にギタープレーが認められて、ZARD船上ライブに参加。99年にはGARNET CROWに参加してメジャーデビュー。同時にボーカリストとしてもソロ活動を開始。
■WORKS:ZARD、小松未歩、the tambourines、岸本早未、菅崎茜、FIELD OF VIEW、北原愛子
長田直也(=長田栄)【オサダ・ナオヤ(=ナガタ・サカエ)】Key、編曲家、ディレクター(BMF→Celebrants所属)
92年よりビーイングのレコーディングディレクターとして望月衛介、柳原愛子等のディレクションを担当。95年中頃より長田直也と改名し、織田哲郎が率いる音楽制作会社セレブランツに所属。BA-JIやHOLLYWOOD MOTORS等のディレクションを担当している。
■WORKS:BA-JI
小澤正澄(=M-oZ)【オザワ・マサズミ】Gt、Key、Remixer、作編曲家(ex-PAMELAH、ZAIN ARTIST所属)
ブリティッシュハードロックをルーツに持ち中学時代からKISSを聴き始める、高校時代から自らのバンドを始め、大学入学後オリジナル作品を書きため、数々のライブハウスに出演し、ギターリストとしての技術を磨きながら作曲活動を開始。小澤正澄が始めて登場したのはWANDS Sg「STRAY CAT」の作曲。その後、森下由美子Al「KICK OFF」でアレンジャーとして参加。92年にプロデューサーを介して知り合ったボーカリスト水原由貴とPAMELAHを結成し95年デビュー。01年の活動休止までにシングル14枚、アルバム7枚をリリース。全作品の作編曲、プログラミング、サウンドプロデュースを担当。ハードロックとデジタルビートの融合という一見、水と油のサウンドを融合させる事に成功した希有な才能の持ち主であり、現在は最も興味のあるリミックス、中心に作編曲を行っている。
■WORKS:ZARD、FIELD OF VIEW、T-BOLAN、七緒香、吉田知加、北原愛子、三枝夕夏 in db、上原あずみ、BON-BON BLANCO、JEWELRY
■SOLO:Al「GUITAR MONSTER Vol.1」
尾城九龍【オシロ・クーロン】Gt、編曲家(cule所属)HP
GIZA創設時からアレンジャーとして在籍、小松未歩、愛内里菜、上原あずみ、松橋未樹、岸本早未等のアレンジを担当。自身はコンピューターミュージックスクールWAVE MOTIONを設立、運営。インディーズレーベルから自身がプロデュースするユニット「naam」「Caroline Bop」をプロデュースしている。
■WORKS:愛内里菜、小松未歩、上原あずみ、松橋未樹、岸本早未、菅崎茜
小田佳奈子(=小田加奈子)【オダ・カナコ】作詞家(FIRST SCENE所属)
専業作詞家。非常に多くの作品を担当、初登場作品は、栗林誠一郎デビュー作「LA JOLLA」である。作詞を主体としないアーティストの作品には必ず詞といっていいほど、登場している。栗林誠一郎曰く、彼女の詞の制作は、アーティストのその時の心情を反映した作品が多いという事である。
■WORKS:栗林誠一郎、坪倉唯子、MANISH、TWINZER、FIELD OF VIEW、BON-BONBLANCO他
織田哲郎(=TEDDY BLUES)【オダ・テツロウ】Gt、作編曲家(ex-WHY、TOUGH BANANA、T's CORPORATION所属)HP
Beingの音楽を語る上で欠かせない人物が織田哲郎であろう。Beingのプロデューサー長戸大幸は10代の頃の織田哲郎に出会い、こう懐述している。「(織田哲郎が作り出す詞曲歌の三位一体のデモテープを聴いて)この時点で専業作曲家は遠からず自作自演アーティストにやられるナと思った。どうせ追いつけないなら、今から織田と組んで置こうと思った。」それほどに織田哲郎の才能は、当時から抜きんでていたのであろう。それ以降、織田哲郎は大いに作曲家としての才能を発揮している。(織田哲郎氏のオフィシャルサイトに提供曲リストがあるのでそちらを見ていただきたい。しかし、40%程度はBeingとは関係の無い作品である。)又、織田哲郎は、ソロデビュー後の84-87年の間は、Beingとは独立した活動を行っている事にも触れておきたい。作曲家としてTUBE等の作品には関わっているがどうやら外部作曲家的立場のようである。この時代の作品は、WORKSのコンテンツではAdditional Dataとして記載しているのでそちらを見ていただきたい。
織田哲郎は、ボーカリストとしてもWHYのデビューから始まって、SPINACH POWER、MSマシーン、BE、9th Imageや笹路正徳、土方隆行のソロにもゲストボーカルとして参加している。ソロと平行してもTOUGH BANANA、渚のオールスターズ等と実に多彩な活動を行っている。作曲家としては、80年代は亜蘭&織田、90年代は坂井&織田という黄金バッテリーも生み出されている。こうして、長い間に第一線で活躍していた織田哲郎も98年をもってBeingより離脱し、独自のプロデューサーとしての活動を開始した。
■WORKS:SPINACH POWER、村田有美、三原順子、亜蘭知子、TUBE、渚のオールスターズ、B.B.Queens、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、DEEN、FIELD OF VIEW
小野誠彦オノ・セイゲン】エンジニア、プログラマー(BIRDMAN、BEING EXPLOSION所属)HP
80年よりレコーディングエンジニアとしてのキャリアをスタート。スタジオバードマン設立前からビーイングのアーティストのレコーディングエンジニアとして活躍。81年〜82年年まで在籍。独立後はサウンドプロデューサーとしても活躍し、世界的なエンジニアとして著名アーティストの作品も手かげている。
■WORKS:北島健二、亜蘭知子、MARIAH、LOUDNESS
小野塚晃【オノヅカ・アキラ】Key、編曲家(DIMENSION、ZAIN PRODUCTS所属)HP
ブルース、R&B、ジャズ等の音楽に傾倒し15歳の頃からライブ活動を開始し、スタジオミュージシャンとして活動、ビーイングには87年頃より在籍し膨大なスタジオワークを行う、92年増崎孝司、勝田一樹とともにフュージョンユニットDIMENSIONを結成。04年には初のリーダーアルバム「CHNITA」を発表。
■WORKS:TUBE、春畑道哉、B'z、栗林誠一郎、ELIKA、滴草由実、青紀ひかり
HOME】【WORKS INDEX
Directed by NANAKAKU
Excutive Produced by BBPC